2020/12/06(日)コミュニティ

バトルと募金を通して約112万円を寄付

亚博道日本ハムファイターズは、12月6日(日)の《ファンフェスティバル2020『ハッピークリスマスバトル~真のサンタになるのは誰だ~Supported by CISCO(シスコ)』》において、メインイベントの5つのバトル結果に連動したチャリティを実施いたしました。

「真のサンタ」の座を賭けた5つのバトルで獲得したポイントを1ポイント1万円に換算し、そこに会場やテレビ・インターネットを通じて観覧したファンの皆様からの寄付も加える、会员登陆&ファン参加型チャリティとなりました。

会员登陆&ファン参加型チャリティ  

上沢直之投手率いる「RED STARS」(レッドスターズ)と近藤健介選手率いる「GREEN BELLS」(グリーンベルズ)が、5つのバトルを繰り広げ、85-15でGREEN BELLSが勝利、最も多くのプレゼントを子ども達に届ける「真のサンタ」の座を獲得しました。

合計1,127,155円をNPO法人チャリティーサンタ亚博道グレートサンタランに寄付し、両団体を通じて医療機関で闘病する子ども達や、貧困家庭の子ども達にクリスマス・プレゼントを贈ります。

官网

NPO法人 チャリティーサンタ

「サンタを待っている子ども」と「サンタになる大人・企業」をつなげる活動を行う団体。2008年に活動開始、これまでに1万5千人がサンタクロースになり、3万人を超える子どもに特別な思い出を届けてきました。合言葉は「あなたも誰かのサンタクロース」。チャリティーサンタでは、実際にサンタになってプレゼントを届けるボランティアも募集しています。
チャリティーサンタは、特定の国や海外の団体、特定の宗教とは一切関係はありません

亚博道グレートサンタラン

【明るく×チャリティ=病気と闘う子ども達に笑顔を】
病気と闘いながらクリスマスを病院で過ごす子ども達とそのご家族を応援する活動。参加者がサンタの格好で街を歩くイベントの参加料や市民・企業からの寄付が、子ども達へのクリスマス・プレゼントになります。世界中で開催されており、札幌では2013年に始まり、市内11病院の子ども達にサンタさんがプレゼントをお届けしています。道内では他にも、帯広や広尾、旭川、函館、小樽などで各地の実行委員会が活動をしています。

コミュニティ一覧へもどる ニュース一覧へもどる